9月は体調に気をつけましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

秋

暑い夏が終わり涼しい日が続くようになりました。秋の始まりです。

秋はとてもいい季節なのですが、でも今の時期「秋の始まり」は、とても体調を崩しやすいように思います。

風邪、消化器の不調、体のだるさ、ぎっくり腰、持病の悪化など、さまざまな不調が出やすくなります。

私の感触では、油断している分体調を崩してしまう、そういう意味で一年を通して最も危険な時期だと思います。

ではなぜ、9月は体調を崩しやすいのでしょうか。今日はこのことについて書いてみます。

 

※秋の不調については、こちらの記事も参考にしてください。

秋の体調不良について考えてみました

「夏の疲れ」について東洋医学で考えてみました

9月にやってくる3つの体への負担

季節の変わり目というと、それだけで体調を崩しやすい時期です。

春から夏、夏から秋、秋から冬、冬から春、と4つあるのですが、そのなかでもこの夏から秋は、体に負担をかける原因が重なってやってくるように思うのです。

何があるのかというと、「急に寒くなる」「消化器の疲れ」「秋の花粉」の3つです。

 

急に寒くなります

9月になると、朝晩が急に涼しくなります。日によっては肌寒い日もあるぐらいです。

日中の気温も、最高気温では8月より5〜8度も低くなるようです。

でも意外と日差しが強いので、夏のままの服装で出かけしまいがちです。

「まあいいか」と思って軽装で出かけて、帰る頃には意外と寒くなって風邪を引いてしまった、ということもよくあるので注意が必要です。

日中の気温差も大きくなるので、油断せずになにか羽織る物を持って出た方がいいかもしれません。

また夜寝る時も注意が必要です。

8月よりも涼しいので「ちょうどいいや」と思って寝たりするのですが、明け方になると寒くなることがよくあります。

夏のままの半袖のパジャマとタオルケットでは体が冷えて体調を崩してしまいます。

寝る時の服装や寝具も、少しずつ暖かいものに替えていくように心がけましょう。

 

消化器の疲れ

秋の初めは、多くの人が消化器に負担を抱えています。これは夏の間に冷えた物を多く口にして、消化器が疲れているからです。

消化器は食べ物からのエネルギーを吸収する所ですので、消化器が疲れていると、体を動かすエネルギー「正気(せいき)」が不足してしまいます。

私たちの体を動かすエネルギー

すると体全体の働きが低下して、体調を崩しやすくなってしまいます。

もう夏は終わりですので、冷えた飲み物、アイスクリームなど、消化器に負担をかける物は控えて、温かい物や栄養価の高い物をとるように心がけることが大切です。

 

秋の花粉

マスク

そして意外と影響が大きいのが、秋の花粉です。

夏の間は割と空気がきれいなのですが、9月あたりから段々といろいろなものが飛ぶようになります。

イネ、ブタクサ、ヨモギ、カナグムラなどの花粉です。またこれらに加えて、お隣の中国からの汚れた空気も海を渡って飛んでくるように感じます。

花粉症などのアレルギーを持っている方はもちろんなのですが、そうでない人でも汚れた空気の影響は大きく受けるようです。

もともとある体力が何パーセントか奪われたような状態となって、注意しないとすぐに体調を崩してしまいます。

9月ぐらいから、しばらく調子が良かったところがまた悪くなったりするのは、秋の花粉のせいではないかと感じています。

 

9月は十分注意しましょう

このように9月になると、体への負担が急に大きくなってきます。いくつかの原因が重なってやってきますので、とても厄介です。

十分に注意して、体調を崩さないようにしましょう。

ポイントは

  • 体を冷やさないように服装に気をつける
  • 冷えたものを口にしない
  • 刺激物、消化の悪いものを避け、消化器をいたわる
  • マスク、空気清浄機などの花粉対策をする
  • 早寝を心がけ、疲れをためないようにする

などです。

開放的な夏の気分はそろそろ終わりにして、少しずつ体調を気遣い、これからの季節の移り変わりに合わせて日々の生活リズムを整えていくのが良いと思います。

 

この記事がなにかの参考になりましたら、投票をお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*