汗もかきすぎには注意です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

夏

夏真っ盛りになりました。暑いですね。

こう暑くては、家にいても外にいても、汗をたくさんかいてしまいます。

ふつう汗をかくのは体にいいことのように言われます。でも東洋医学でみると、実はそうでもないのです。

これはどういうことでしょうか。

今回は汗について見てみます。

東洋医学での汗の考え方

夏は汗の季節です。

汗というと、健康のバロメーターのように言われています。たっぷり汗をかいて新陳代謝を上げて、健康になりましょう、といった具合です。

でも、体の正気(せいき:私たちの体を動かすエネルギー)を中心に見ていく東洋医学では、ちょっと違う考え方をしています。

むしろ、汗は体に負担をかけるものと考えるのです。

汗をかくと疲れる?

ご存じの通り、汗は体温を下げるための体の働きです。汗が蒸発することで体温が下がります。

これだけを見ると汗が体に負担をかけるとは思えません。でも、汗によって失われるものを見ていくと、少しずつ分かってきます。

まず汗をかくと、水分と電解質が失われます。このどちらも体にとって必要不可欠なものです。

これらが少なくなると困るので、体は水分や電解質を吸収しようとがんばります。

そこで消化器の動きを活発にしたり、吸収した分を必要なところへ運んだりしていくのです。

ところが、これには意外と多くの正気が必要なのです。

以前に「体は正気を分け合って動いている」という内容で書いたことがあります。

体はエネルギー(正気)を分け合って動いています

それによると、全身の正気の量は限られていて、どこかでたくさん正気を使うと他の部分が少なくなってしまう、ということになります。

汗の場合も同じで、汗で正気を多く使うと、他の部分が不足して正気に余裕がなくなってしまうのです。

汗

つまり、ちょっと意外な感じがするかもしれませんが、「汗をかくと正気が少なくなる」、もっと簡単に言うと、「汗をかくと疲れる」のです。

例えば夏の夜ですが、一晩中快適で涼しい部屋で寝る場合は大丈夫ですが、そうでないときは寝ている間に多くの汗をかきます。

そんなとき、朝目覚めるとなんか疲れてませんか。体がだるいというか、寝たはずなのに疲労感があったりします。

これは寝ている間に汗をかいて正気を消耗しているからなのです。

また、夏場は汗をかきすぎて体調を崩すこともあります。

例えば、夏バテや夏カゼ、熱中症などです。これらも汗をかきすぎたことが原因のひとつになっています。

このように、汗は体温を下げる正しい働きなのですが、実は正気も消耗するのです。

汗をかきすぎないようにするには

体温を下げるために汗をかくことは大切です。でも、あまり多くの汗をかくことも問題であることがわかってきました。

ではどうすればいいのでしょう。

そうです。必要以上に汗をかかないように気をつければよいのです。

エアコンを使いましょう

汗をかかないためには、あまり暑くないところにいるのが一番簡単な方法です。

室内ならば、迷わずエアコンを使いましょう

「エアコンは冷えるからよくない」という考え方もありますが、寒くない温度に設定すれば大丈夫です。

適温は人によっても、体調によっても変わりますので、そのときの体の状態を見て決めていきます。

目安としては、「少し暑さを感じるけど、汗が出るほどではない」ぐらいがいいと思います。

肌寒さを感じたら上げて、汗が出そうになったら下げる、という感じで調整していきます。

正直エアコンを使うのが、体への負担も少なく、一番簡単な方法だと思います。

最近のエアコンは以前に比べて電気代もかかりませんし。

直射日光を避ける

室内にいても、屋外にいても、強い日差しにあたると汗をかいてしまいます。

できるだけ直射日光を避けるようにすることが大切です。とくに屋外にいるときは注意しましょう。

帽子をかぶったり、薄手の長袖を着るようにしたりして、直射日光が当たらないようにします。

また移動中などは、できるだけ日陰を探して、影の中を歩くようにするのもいい方法だと思います。

直射日光を避けることは、日焼けをしないという意味でも大切なことになります。

小麦色の肌は夏らしく健康的というイメージがありますが、実際は軽い火傷を起こした状態です。

この肌を修復するのに、またたくさんの正気を消耗することになり、あまりおすすめできるものではありません。

できるだけ肌を焼かないようにしましょう。

汗をかいたら

いろいろ気をつけても汗は出てきてしまいます。では汗をかいたらどんなことに気をつければいいでしょうか。

汗

汗はすぐに拭き取りましょう

汗をそのままにしておくと、ちょっと具合が悪いことがあります。

皮膚に残った汗の成分が問題なのです。

多くは電解質だと思うのですが、すこしベトっとしたものが肌に残ります。これをそのままにしておくと、次々と汗が出てくることがあります。

こうなるとダラダラと汗が出続けてしまうのです。

ですので、汗をかいた後はきちんと拭き取りましょう

簡単なのは蒸しタオルを作って拭き取る方法です。蒸しタオルは、濡らしたタオルを電子レンジでチンすれば完成です。

また、かいた汗がすぐに乾燥すればいいのですが、服についたままなかなか乾かないことがあります。

この場合は、濡れた服が冷えて体温を奪うことになります。放っておくと風邪をひいてしまいます。

ですので服が濡れたら、すぐに着替えるようにすることが大切です。

また汗をすぐに吸収して、しかも乾きやすい素材の肌着を着るようにすることもおすすめです。

肌着は厚着になるので暑いのでは、と思われがちですが、実際は肌着を着た方が涼しかったりします。

最近は色々な素材のものがあるので、試してみるのも面白いと思います。

ただ気をつけておきたいのは、通気性だけが良くて、汗をあまり吸わない素材です。

スポーツ用のTシャツなどに多いようです。風通しがよくて涼しいのはいいのですが、汗を吸ってくれないので、繊維の間に汗が残ってなかなか乾きません。

こうなると濡れた服を着ているような感じになり、体がどんどん冷えていきます。

多分運動が終わったらすぐに着替えるものなのでしょうね。普段使いには向かないようです。

水分、電解質(ミネラル)の補給

これもよく言われています。汗で失った水分と電解質(ミネラル)を体に取り込むようにしましょう。

水分はどれくらいとればいいか、と聞かれることがあります。

実際は、汗の量や、食事で入ってくる水分の量や、体にとりこんでおける水分の量などによるので、「これくらい」とはっきり言うことはできません。

ですが、夏場はおおむね1リットルくらいはとってもいいと思います。

電解質の方は、水分補給の時にお塩を舐めたりする方法があります。

この時のお塩は、精製塩ではなく、海水からつくられた塩(自然海塩と呼びます)にしてください。精製塩には電解質は含まれていません。

また岩塩はどうですかと聞かれますが、岩塩によっては電解質をあまり含んでいないものもあります。できれば海から作ったお塩にしましょう。

また水にお塩を溶かしたものを作っておいて、これを飲むのもいいと思います。

作り方は簡単です。こちらにまとめています。

熱中症の予防について東洋医学で考えてみました

お味の方は…うーんもうひとつです。市販されている経口補水液のほうが飲みやすいですが、これらは糖分を多く含みますので、あまりおすすめできません。おそらく自分で作ったものの方がいいと思います。

また普段から海藻類(ワカメ、昆布、ひじきなど)を含んだ食べ物を取っている方は、電解質の方はそれほど意識しなくてもいいと思います。

毎朝ごはんと味噌汁(昆布だしなど)を食べていれば、お水の補給だけでOKです。

もうひとつ大切なことがあって、水分を補給するときは冷えたものではなく、温かいものをとるようにしましょう

冷えたものを体に入れると、内臓、とくに消化器が冷えてしまいます。

すると消化器の働きが悪くなり、水分や栄養素を吸収できなくなります。また内臓を温めるために、たくさんの正気を消耗することになってしまいます。

温かいものが飲みにくかったら、せめて常温のものにしてください。

まとめ

夏につきものの汗について見てきました。

  • 汗をかくと正気を消耗する
  • 汗は必要以上かかないようにする
  • 室内にいるときはエアコン、外出するときは帽子や長袖をつかう
  • 汗をかいたら拭き取る、服が濡れたら着替える

汗というと健康的なイメージがありますが、じつは体力を消耗するものなのです。

逆に言うと、健康で正気に余裕があるから、汗がたくさん出るということになります。

夏は体調を崩しやすい季節でもあります。汗とうまく付き合って、健康的な夏を過ごしてください。

 

この記事がなにかの参考になりましたら、投票をお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*