「夏の疲れ」について東洋医学で考えてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

暑い夏もようやく終わりが近づき、少しずつ涼しい日が増えてきました。

過ごしやすくなってきました。

でもこの時期になると、夏バテなど、体調を崩すことが多くなってきます。

こういった症状は「夏の疲れ」と言われたりしますが、この夏の疲れ、体の中では何が起こっているのでしょうか。

今回は「夏の疲れ」について、東洋医学で考えてみました。

「夏の疲れ」とはどんなもの

夏の終わりになると、いろいろな体の不調が出てきます。

どんな症状が出てくるかというと、

  • 疲れやすい
  • 食欲が出ない
  • 体がだるい
  • 風邪をひく

などです。

病気というほどではないけれど、調子の悪さが続いたりするのです。

これらは、夏の間に体にかかった負担から起こると言われています。

夏の間、外は暑く、室内はクーラーが効き過ぎで、日差しも強く、夜は眠りにくい、など、体にはいろいろな負担がかかります。

こういった負担が夏の終わりにかけて、体調不良として出てくるのです。

夏の疲れの原因

夏の疲れの原因はいろいろと考えられます。でも東洋医学で見ると、主なものは次の二つになるようです。

それは、「冷たいものを食べすぎたために消化器が疲れている」ことと、「汗をかきすぎて全身の正気が足りなくなっている」ことです。

(正気(せいき)についてはこちらをご覧ください 私たちの体を動かすエネルギー

夏の疲れ

暑い夏には冷たいものを食べたくなります。少しぐらいは大丈夫ですが、毎日続けていると、消化器の働きが悪くなっていきます。

そして夏の終わりには、消化器の働きがとても悪くなり、食欲不振などが出てきます。

また消化器が動かなくなると、体を動かすエネルギーである正気を十分に取り込めなくなって、全身の正気が不足します。

すると疲れやすい、風邪をひくなど、いろいろな症状が出てくるようになるのです。

また、夏はたくさん汗をかきます。以前の投稿でも書きましたが、汗は多くの正気を消耗するのです。(汗もかきすぎには注意です

夏の間汗をかき続けると、正気はどんどん少なくなってしまいます。

このように「消化器の疲れ」と「汗」のために全身の正気が足りなくなって、夏の終わりにはすっかり正気が不足した状態になっているのです。

さらにこれらに加えて、この時期は少しづつ気温が下がってきます。すると気温の変化に合わせて、体は寒さ対策をはじめます。

そしてこれにも正気が必要となり、ますます正気が足りなくなるのです。

このようなことが起こって、様々な不調が出てくるのです。

夏の疲れを防ぐためには

「夏の疲れ」が出てこないようにするのはどうすればいいでしょうか。それは、体に正気を増やして働きを正しくしてあげることです。

そのためにはまず、消化器をいたわりましょう。

お腹をいたわる

消化器は正気をとりこむ中心的なところになります。消化器をいたわるのは、正気を増やすはじめの一歩となります。

具体的にどうすればいいかというと、「冷えたものを取らないようにすること」と「きちんとした食事をよく噛んで食べる」ことの二つです。

少しづつ涼しくなってきていますので、冷えたものはそろそろ控えて、食べ物はもちろん、飲み物も温かいものに切り替えていきます。

また夏の間はさっぱりとした食事が多かったと思います。これらもやめて、ご飯と味噌汁などきちんとした食事をとるようにします。

そして食事の時は、よく噛むように気をつけます。よく噛むことで消化器の負担を減らしてあげるのです。

また、正気をたくさん含んだものをとるようにしていくことも大切です。(エネルギー(正気)を増やす食事とは

服装に気をつける

服装にも気をつけましょう。

夏のままの薄着では体を冷やしてしまいます。肌着や長袖の服などをきちんと着て、寒さを感じないようにしていきます。

どれくらい着込んだらいいのかと言うと、目安としては「汗をかく少し手前」くらいの状態です。これくらいが体にとっては一番負担がかかりません。

その日の気温や部屋の環境に合わせて、服装を調整して、いい状態をキープするようにしていきましょう。

生活リズムを整える

夏は夜が長く、ついつい夜更かしをしてしまいがちです。こちらも気分を切り替えて、生活リズムを整えていくと良いと思います。

遅くとも夜11時には布団に入るようにして、体の疲れをとります。

実は睡眠についてはまだわからないことがたくさんあって、少しずつ研究が進められています。

ですので、睡眠についていろいろなことが言われていますが、正気の面から体を見ると、私たちの体は太陽の動きに合わせて変化しているように感じられます。

やっぱり、日が沈むと寝床に入り、日の出とともに起きるのが自然なようです。

現代人のライフサイクルでは太陽とともに…というのは無理ですが、できるだけ夜更かしをしないようにすることは大切です。

「夏の疲れ」根本的な対策は

毎年この時期には体調が悪くて、という方もいらっしゃると思います。「夏の疲れ」の根本的な対策はないのでしょうか。

それは、「夏の間に体に負担をかけないようにすること」です。

そもそも体に負担をかけなければ、夏の疲れは出てこないのです。

どうすればいいのかと言うと、先程の通りポイントは「消化器」と「汗」です。

暑くても冷えたものをなるべく口にしないようにすることと、汗をなるべくかかないようにすること、の二つを意識すれば、夏の終わりに体調を崩すことはありません。

夏の終わりだけでなく、暑い夏のあいだも、ずっと体調を崩すことなく過ごすことができます。

まとめ

毎年この時期になると、「夏の疲れ」で体調を崩しやすくなります。このことについて東洋医学から考えてみました。

  • 夏の疲れの主な原因は「消化器への負担」と「汗のかきすぎ」
  • 夏の疲れを解消するには、消化器をいたわること、服装に注意すること、生活リズムを整えること
  • 夏の間に体に負担をかけないようにすると、体調を崩すことはない

「夏の疲れ」についてはいろいろなことがいわれています。でも東洋医学から体をみると、主な原因は二つになります。

これらを意識することで、体調を崩すことなく実りの秋を迎えることができます。皆さんも体調を崩さないように気をつけてください。

 

この記事がなにかの参考になりましたら、投票をお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*