風邪の引き始めと、本格的に引かない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

風邪

秋も深まり、少しずつ寒くなってきました。

寒くなると気をつけないといけないのが、風邪です。

風邪の原因はウイルスと言われていますが、それだけではなく体の免疫力の低下も引き金となっています。

そのきっかけとなるのが寒さ(体の冷え)なわけです。

風邪の引き始めには、ゾクゾクしたり、くしゃみや鼻水が出たり、などがありますが、この時体はどのようになっているのでしょうか。

今回は風邪の引き始めについて、また本格的に風邪をひかないようにするためにはどうすればいいか、など書いてみます。

風邪の引き始めは「体表の冷え」

寒い日に薄着で外出してしまった時など、なんだか体がゾクゾクすることがあります。

胸や背中の上の方、肩甲骨の間がひんやりして、気持ちが悪いです。

これがまさに、風邪の引き始めなわけですが、この時の体の状態を東洋医学では、「体の表面に冷えが入っている」と考えます。

表寒

私たちの体の周りには気のバリアーのようなものがあり、東洋医学ではこれを衛気(えき)と呼んでいます。

衛気は、私たちの体を動かすエネルギーである正気(せいき:私たちの体を動かすエネルギー)の一つで、体に冷えや湿気などが入ってこないように防いでくれています。

まわりの影響を受けないための、防御壁なわけです。

衛気がしっかりと張り巡らされていれば、冷えが入ってくることはないのですが、衛気が薄くなったり、衛気よりも寒さがきつくなった時などは、体表に冷えが入ってきてしまいます。

この状態を東洋医学では「表寒(ひょうかん)」と呼んでいます。

 

表寒は体にとっていい状態ではありません。一番外側の防衛線を突破されているわけですから。

ですので体は衛気を強くして、冷えを押し出そうとするのです。

表寒2

体全体の正気に余裕がある時は、衛気を強くして冷えを押し出すことができます。冷えを出すことができれば、健康を維持することができます。

風邪をひかなくて済むわけです。

ですが、正気に余裕がない時は冷えを押し出すことができません。すると冷えはさらに奥深くに入ってきて、体の免疫力が低下してしまいます。

このときに体に風邪の原因となるウイルスなどがあると、これらが活動を始めて一気に風邪を引いてしまうのです。

 

このように風邪の引き始めの状態を、東洋医学では「体表が冷えた状態(表寒)」と考えます。

表寒は風邪を引くか引かないかの境目です。表寒のときに正気がたくさんあれば、冷えを押し出して風邪をひかなくて済み、正気に余裕がないと、冷えが体に入り込み風邪を引いてしまいます。

そして表寒はそれほど珍しいものではありません。私たちはよく表寒になっています。

例えばクーラーや扇風機に当たり過ぎたときなどは、その部分に触れるとひんやりしていると思います。

これは冷たい風が当たったところが表寒を起こしているのです。

また真冬に薄着で外出したときなどは、気がつかないうちに体表は冷えています。これも表寒です。

表寒は身近なものでも、私たちはそんなにいつも風邪をひくわけではありません。これは体が正気を使って、冷えを押し出してくれているからです。

普段私たちは気づかないうちに表寒となって、体が頑張って治してくれているのです。

本格的に風邪を引かないために

表寒となっても、多くの場合は体が勝手に治してくれます。

でも時には、ゾクゾクする、鼻水やくしゃみが、ということもあります。これは正気に余裕がなくて、風邪を引きかけているのです。

こんなときにどんなことに気をつければ本格的な風邪にならないで済むでしょうか。

いちばん簡単で確実な方法は、カイロです。

寒さを感じるゾクゾクするところ(多くは胸や背中だと思います)に、服の上からカイロを貼ってあげます。

服と言っても何枚か着ていると思いますが、まずは肌に近いところ(肌着など)に貼って、熱さを確かめます。

もし汗が出るくらいならば少し温度が高いので、もう少し外側に貼り直します。

このようにして気持ちいい暖かさのところに貼っておくのです。

表寒を起こしたところを温めてあげると。その部分に正気の余裕が生まれます。すると衛気が強くなって、冷えを押し出してくれます。

一日そのままにしておくと、風邪のことなど忘れて普段通りの生活ができるでしょう。

この方法は本当におすすめなので、ぜひ試してみてください。

 

また表寒になっても正気がたくさんあれば風邪をひかなくて済みます。つまり正気を増やしておくことも大切です。

普段から正気を多く含む食事をとることや、正気を無駄遣いしないように、体をいたわっておくことも意識しましょう。

エネルギー(正気)を増やす食事とは

表寒を起こさないことが大切

そして、そもそも表寒にならないようにすることが大切です。

私たちはよく表寒になり、正気がこれを治してくれています。

このことをよく考えると、これこそまさに正気の無駄遣いなわけです。

正気の分配

私たちの体は、限られた正気を分けあって動いていますので(体はエネルギー(正気)を分け合って動いています)表寒にならなければその分の正気を他の事に使うことができるのです。

病気や怪我のところを治したり、調子が悪いところを調整したり、運動や勉強にも集中できて成果につながります。

アレルギーを持っていても、正気に余裕があればアレルギーが出にくくなりますし、よく痛みが出るところがあっても気にせず動かすことができたりするのです。

このように表寒を起こさないようにすることで体調は少しずつ良くなっていきます。よく「健康の第一歩は体を冷やさないこと」と言われますが、これは表寒を起こさないことを言っているのだと思います。

 

では、それにはどうすればよいでしょうか。

その方法は実は簡単で、しっかりと着込むことです。

世の中の多くの方がどちらかというと薄着なように思います。普段の服装よりも、1、2枚多く着ることで表寒を防ぐことができます。

ポイントは肌着です。上にたくさん羽織るよりも、肌着を重ね着する方が暖かいように思います。その方がかさばらずにすみますし。

肌着をしっかり着ても寒さを感じるときは、上に羽織っていきましょう。

どれくらい着込めばいいかの目安は、「汗が出そうで出ないぐらい」です。以前の記事にも書きましたが、汗をかくと正気を消耗してしまうのでよくありません。

汗もかきすぎには注意です

汗が出ない範囲で、少し熱いぐらいが体にはちょうどいいのです。

きちんと着込むことで、正気に余裕が生まれます。とくに体調が悪い方、持病や長く続くつらさがある方は試してみて下さい。

まとめ

これから冬になると風邪が気になります。今回は、風邪の引きかけの状態や、風邪にならないための方法について見てみました。

  • 風邪の引きかけは「体表に冷えが入った状態(表寒)」
  • 表寒のときに正気に余裕があれば風邪にならない
  • 本格的に風邪を引かないためには、カイロがお勧め
  • そもそも表寒にならないようにすることが大切

風邪になると学校や仕事を休まなくてはいけませんし、主婦の方は家事が進まずにいろいろと大変です。

風邪の引きかけのゾクゾク感を感じたら、すぐにカイロを使って温めてあげてください。きっと風邪をひかずにすみますよ。

またそもそもの表寒にならないようにすることが一番大切です。「体を冷やさない」ことは本当に健康の第一歩で、冷え対策で使われる正気を減らしてあげることで、体調は良くなっていきます。

肌着をしっかり着込むことから始めてみてください。しばらく続けるといい変化が出てくると思います。

 

この記事がなにかの参考になりましたら、投票をお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*