寒さに負けない厚着の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

厚着

寒いですね。今年の冬もやっぱり寒いです。

お正月はそれほどでもなく過ごしやすかったのですが、やっぱり冬将軍が黙ってはいませんでした。ここ数日、朝起きると部屋の気温が10℃を切ったりしています。

寒さ対策としてはいくつかの方法があります。エアコン、ストーブ、こたつ、湯たんぽ、カイロなど。

その中でもお金のかからない手軽な方法として「厚着」があると思います。

でも「厚着」というと、「たいして温まらないよね」とか「雪だるまみたいに着込むのもどうか…」と思われがちです。

確かにエアコンなどと比べると快適さでは劣りますが、うまい着方をすると、スリムなまま意外と温かく過ごすことができるのです。

今日は、寒さに負けない上手な厚着の方法について書いてみます。

厚着のポイントは肌着です

私は寒がりなので、冬は普通の人が驚くほど厚着をしています。部屋着でも多分6枚ぐらい…。

と書くとビックリする方もおられるかもしれません。実際うちの家族からはいつも白い目で見られています。

厚着

でもそのおかげか、妻や娘がストーブの前で震えているのをよそ目に、私はこたつだけで悠々とくつろぐことができているのです。(こたつに入っている時点であんまり偉そうなことは言えませんが)

そんな私が実践している厚着の方法は、「肌着の重ね着」です。

肌着を重ねて空気の層を作ります

体が冷えないポイントのようなものがあって、簡単に言うと「体のまわりを空気の層で包んであげる」ことです。

空気は熱を伝えにくいので体の周りに空気の層を作ると、体温の発散を防ぐことができます。

そしてこの層は、できるだけ肌に近い方が温かいように思います。

肌から離れたところに層を作っても、肌から層までの間に体温が発散してしまうからです。

つまり肌に一番近い肌着を重ね着して、ここに厚い空気の層を作ると、体温が逃げるのを防ぐことができるのです。

 

私の場合は、Tシャツなどを3枚ぐらい重ね着します。そしてその上に長袖のシャツなどを2枚ぐらいきます。

下もズボンの下にタイツを履きます。寒い日はタイツも2枚重ねにします。靴下も2枚です。

こうすることで肌の近くに空気の層を作ることができ、一番上にトレーナーぐらいで結構温かく過ごすことができるのです。

セーターなどかさばる服を着なくてもいいので、見た目は割合スリムです。そんなに厚着しているとは、普通の人は思わないことでしょう。

(「6枚着てます」というとギョッとされるので秘密にしています。)

このように肌着を重ねることで、温かく、しかもかさばらない厚着ができるのです。

空気の層を閉じ込めます

もう一つ大きなポイントがあって、それは「空気の層を閉じ込める」ことです。

どうすればいいかというと、上はタートルネックを着て首周りを閉じておくことと、下は足首のところでタイツの裾を靴下で覆っておくことです。

靴下

こうすると空気の層が閉じ込められて、体の周りの温かい空気が外に逃げるのを防いでくれるのです。

とくに足首のところは大切です。靴下でしっかりフタをしてあげると、本当に温かくて実に快適なのです。

この方法はおすすめです。ぜひ試してみてください。

まとめ

簡単で意外と温かい厚着の方法について書きました。

  • 肌着を重ね着すると温かい
  • 空気の層を閉じ込める

体を冷やさないことは健康の第一歩です。エアコンなどももちろん大切ですが、厚着をしているとそれだけで結構温かくて、暖房などに頼らなくても大丈夫だったりします。電気代の節約にも一役買ったりするのです。

皆さんしっかり厚着して、寒い冬を乗り切りましょう。

 

この記事がなにかの参考になりましたら、投票をお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*