冷えとアレルギーの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

冷え性

暖かい日が続きます。ようやく過ごしやすくなりました。

暖かくなったはずなのに、相変わらず体の冷えが気になる方、おられるのではないでしょうか。

季節が変わってもずっと冷えている、そういった症状はアレルギーが原因のことがあります。

アレルギーというと、鼻炎や花粉症、アトピー性皮膚炎など様々ですが、どのようなアレルギーでもひどくなると冷えがみられます。

今回はなぜアレルギーで体が冷えるのか、またその対策法などをまとめてみたいと思います。

(こちらも御覧ください 冷え性について東洋医学では

アレルギーで体が冷えるわけ

冷えの原因にはいくつかありますが、そのうちの一つにアレルギーがあることはあまり知られていないと思います。

アレルギーは体の免疫システムの過敏な反応で、花粉、ハウスダスト、大気汚染など、アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)に強く反応して、体のいろいろなところで炎症を引き起こすものです。

鼻やのどで炎症が起きれば、咳、くしゃみ、鼻づまりなどが起こり、腸で起これば下痢や腹痛などが起きます。

体のどこで起きるか、またその激しさは、人によっても体調によってもさまざまです。

 

アレルギーのときの体の状態を東洋医学で見ると、炎症のあるところや、アレルギーに関わる臓器で、正気(せいき:私たちの体を動かすエネルギー)が少なくなっていることがわかります。

これは、これらの部位がアレルギー反応のために正気をたくさん使うからです。

この状態がしばらく続くと、これらの部位は体の他のところから正気を集めては消費するようになっていきます。

体はエネルギー(正気)を分け合って動いています

つまりアレルギーがある限り正気はどんどん消費され、全身の正気は徐々に少なくなっていくのです。

(ちなみにこのときに鍼などで体に正気を補うと、アレルギーは収まっていきます。)

 

アレルギー

この影響を一番に受けるのが、体のまわりのバリアーのような気(衛気:えき)ではないかと思います。

(衛気についてはこちらも御覧ください 風邪の引き始めと、本格的に引かない方法

衛気は私たちの体の周りにバリアーのように張り巡らされていて、体に冷えなどが入ってこないように防いでくれています。

全身の正気が不足すると、衛気が薄くなり体に冷えが入りやすくなります。とくに手足の先は気の巡りが悪いので、冷えもきついものとなります。

このようにしてアレルギーによって体の冷えが起こるのです。

アレルギーを起こさないように

アレルギー体質の方の中には、いつもアレルギー反応を起こしている方がおられます。

よくあるのはアレルギー性鼻炎です。一年中鼻が詰まっていたり、鼻水が出ていたりします。こういった方はいつも正気を消耗しているので、体が冷えやすくなっています。

「自分は冷え症だから」「平熱は低め」という方でも、体をきちんと見ると実はアレルギーが原因ということもあります。

アレルギーを起こさないようにすることで冷えの症状を軽くすることができます。

 

アレルギーを起こさないためには、アレルゲンに近づかないことが重要です。アレルゲンがなければ反応は起きないのですから、まずはこういった物質を避けるようにしましょう。

花粉や大気汚染物質であれば、マスクや空気清浄器などで防げますし、マスクも鼻のところに隙間ができないようにきちんと付けて、使い捨てにすることも大切です。

帰宅時は玄関先で服を払ったり、花粉などが多く飛んだ日はすぐにお風呂で洗い流すのも効果的です。

室内にもさまざまなアレルゲンがあります。

アレルギーを持っている方は、日用品に含まれる化学物質に反応していることが多くあります。洗濯洗剤や台所用洗剤、柔軟剤、ボディソープなどです。

洗濯洗剤は粉石けんで、台所用洗剤や手洗いなどは固形石鹸を使うようにしましょう。

アレルゲンを避けることとともに大切なのは、正気を十分に蓄えることです。そのためには正気を多く含んだ食事をとるようにしていきます。

エネルギー(正気)を増やす食事とは

できるだけ新鮮なもの、旬のものを食べるようにしましょう。また体に負担をかける食品添加物をなるべくとらないように気を付けることも大切です。

まとめ

アレルギーの原因として冷えがあることはよく言われますが、冷えの原因としてアレルギーがあることはあまり知られていないようです。

でも正気の面から体を見ると、そのことがよく分かります。

  • アレルギーは正気を消耗する
  • アレルギーによって正気が少なくなり、体が冷えやすくなる
  • なるべくアレルギーを起こさないように気をつけることが大切

普段から冷えが気になる方で、実はアレルギーが原因だったということもよくあります。

平熱が低い方や、冷えが気になる方、一度意識してみてください。

 

この記事がなにかの参考になりましたら、投票をお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*