2016年 4月 の投稿一覧

雨降りの日に調子が悪くなるのはなぜ

雨降り

今までに大きな怪我や病気をしたことがあると、治ってもなにかのきっかけで調子が悪くなる、ということがあります。

とくに雨降りや、急な気温の変化などでよく起こります。

「雨の日には、以前傷めた膝の調子が悪くなる」「寒くなると持病の腰痛がでてくる」などです。

では、なぜ雨などで調子を崩すのでしょうか。

それは気候の変化によって、体全体のエネルギー(正気:せいき)が少なくなるからなのです。

今回は、雨降りの日になぜ痛みや不調が出やすくなるのかについて見ていきます。

続きを読む

東洋医学ではなぜ体全体を治療するのでしょうか

全体

体に痛みや不調が起こったとき、東洋医学では、痛みの部分だけではなく体全体を治療していきます。

例えば、肩こりや足のだるさなどが起こった場合でも、肩を揉むだけや、足に鍼をするだけでなく、全身を整えていくのです。

なぜそんなことをするのでしょうか。

それは体の一部の不調に見える場合でも、実は全身の問題となっているからなのです。

体を動かすエネルギーである「正気(せいき)」を中心に見ていくと、そのことがはっきりと分かります。

続きを読む

経絡での治療ってどんなこと

はてな

東洋医学では体のいろいろな不調を取り除くために、「経絡(けいらく)」と呼ばれるものを使います。

この経絡を使った治療では、痛みや不調のあるところとは全く別のところに、鍼やお灸をしていくのです。

例えば、

  • 胃の痛みには足に鍼をする
  • 肩こりには腕に鍼をする

といった具合です。とても不思議な感じがします。

これは一体、何をやっているのでしょう。

続きを読む

花粉の影響にはこんなこともあります

花粉症

暖かくなってきました。ようやく春ですね。

気温が上がると体調もよくなりますが、この季節に気をつけなくてはならないのが花粉です。またPM2.5や黄砂もよく飛んできます。

花粉症の症状といえば、目のかゆみ、クシャミ鼻水、喉の痛みですが、でもそれだけではなく、他にもいろいろな症状がでてくるようです。

そして花粉症でない方でも、実は注意が必要となってくるのです。

今回は花粉症について、また普段から気をつけることについて見てみます。

続きを読む